ネオホッケーのルール

1.キッキング・ザ・ボール 罰則:フリーストローク

ボールを蹴ってはいけないという事です。ただし、止めるだけならセーフです。(パスはダメ)

2.ハイスティック フリーストローク

ネオホッケーで最も反則を取られます。これはスティックのブレードが膝より上に上がってはいけません。

3.スライディング・ストローク フリーストローク

これは、手や膝を床につけてプレーしてはいけないというルールです。

4.スローイング・ザ・スティック フリーストローク

スティックを故意になげたりしてはいけない。打ち合って落としても適用されます。

5.ハッキング・ザ・ボール フリーストローク

フライボール(高く上がったボール)を頭(顔)や手・腕で止めてはいけないということです。なお、上半身を使ってボールをコントロールし、味方に有利になった場合又は、ゴールに入った場合適応。。GKは手で止めても大丈夫。

6.ダブルストローク フリーストローク

フリーストローク(サッカーでいうフリーキックみたいなもの)でプレーヤ―は2度続けてボールに触ってはいけないということです。但し、第一打がフェンス・他プレーヤー・審判など第三者に当たった場合プレーを続けてもよい。

7.クラッシング フリーストローク

ボールコントロールを目的としないで、相手のスティックを故意に打ちつけ、妨害したり、押さえたり、持ち上げたり、ラジバンダリしてはいけない。

8.ステップ・イン・オフェンス フリーストローク

攻撃側のプレーヤーが相手ゴール前に、半円のゴールエリア(プレーヤーは誰も入ることが出来ないエリアです。)内の床面に踏み入れてはいけない。

9.ステップ・イン・ディフェンス ペナルティストローク(サッカーでいうPKみたいなものです。)

ステップ・イン・オフェンスと似ているのですが、防御側のプレーヤ―が自陣のゴールエリア内の床面に踏み入れてはいけない。

10.チャージング フリーストローク

相手プレーヤーに対し、蹴る、掴む、押す、タックスなど身体に接触してはいけない。

11.フッキング フリーストローク

相手の股にスティックを入れてボールを取ってはいけない。

12.スティック・イン・ゴール 罰則:防御側がするとペナルティストローク、攻撃側がするとフリーストローク。

これは、ゴールの中にスティックを入れてはいけない。

13.プッシング・ザ・ゴール フリーストロークまたはペナルティストローク

故意に押したり、つかんだりしてはいけない。

14.オーバー・ザ・エリア フリーストロークまたはペナルティストローク

ゴールエリアを斜めに横切ったりゴールを飛び越えてはいけない。

15.ファールスティック フリーストローク

これはハイスティックと逆で、グリップエンド(持つところの一番最先端)を膝より下に下げてプレーしてはいけない。

16.シャフトボール フリーストローク

膝より上のボールをシャフト(スティックの棒の所)で操作(当てる)してはいけない。また、シャフトに当たったボールが味方に有利になった場合やGKが膝よりグリップエンドを下げてシャフトでボールを打った場合も適用。

17.オ―バ―タイム フリーストローク

フリーストロークの時に3秒以内に打たないといけない。

18.オブストラクション フリーストローク・ペナルティストロークまたはオーダード・オフ

その他故意・粗暴な行為や相手チーム・レフリーに対して暴言を吐く行為などをしていけない。

用語

1.フェイスオフ

これは、試合開始する時にするボールの取り合いの事になります。

2.フリーストローク

サッカーでいうフリーキックです。

3.ペナルティストローク

サッカーでいうペナルティキックですが、GKはいません。

4.オーダード・オフ

重い反則があった場合に適用されます。退場の事をいいます。最初はイエローカードで警告され、再度反則を犯したらレッドカード【退場】となります。退場した選手の変わりは補充できずその試合を少ない人数で戦います。

退場した選手はそれ以降その大会のゲームに参加できません。


過去の情報